気になるけど実際はどうなの?美容整形のビフォア・アフター

コンピューターグラフィックスで術後のイメージは掴める

今の時代はコンピューターグラフィックスが高度に発達しています。大手美容整形外科の中には、カウンセリングのタイミングで、術後のイメージ画像を見せてくれるところもあります。というよりも、コンピューターグラフィックスでリアルタイムに画像を変化させながら、どういった自分になりたいのかを相談していくこととなります。こうした手法が発達しているので、全く何も分からないままで手術に臨むということは基本ありません。仕上がりに納得した上で手術に臨めますから、後悔をすることもあまりないのです。カウンセリングのときにお願いをしていたそのままの自分になれますから、若い人でも安心して手術に臨めることでしょう。不安は解消した上で手術ができる時代です。

気に入らなければ元に戻すことも可能

もしも仕上がりに納得がいかなければ、元に戻すことも可能です。プチ整形と呼ばれるメスを使わない方法なら、基本的には好きなタイミングで元に戻すことができます。埋没法やリフトアップなら、埋め込んだ糸を外してしまえばすぐに元通りです。ヒアルロン酸などを注入した場合は、すぐに元に戻すことは難しいですが、時間が経てば自然と元に戻っていきます。ヒアルロン酸は人体に吸収される成分だからですね。ボトックス注射も同じことです。効果が永続的ではないものについては、気に入らなければ次の治療を行わなければいいだけです。リスクは相当に低いと考えて問題はないでしょう。術後の見た目が気に入ったなら、また次も注射を打ってもらえばいいだけです。

美容クリニックの豊胸施術は、シリコンバッグを入れるだけでなく、ヒアルロン酸や自分の血液や脂肪をバストに入れるなどの方法も用意されています。

© Copyright Plastic Surgery Today. All Rights Reserved.