豊胸?それとも二重まぶた?人気の美容整形部位は?

美容整形外科で人気の部位

「目元をくっきりさせるため、二重まぶたにしたい」、「胸が小さいのがコンプレックスなのでバストを大きくしたい」といった女性は多いので、二重術や豊胸術といった美容外科手術は、どこの美容整形外科でも大人気です。これ以外では、メスを使用しないので、気軽に施術を受けやすいプチ整形やダイエットのための脂肪吸引、レーザー治療や光治療、ケミカルピーリングなどによる美顔術なども、多くの美容整形外科で人気のある部位となっています。
近年は、美容整形外科では若返り術とよばれる、いわゆるアンチエイジングのための施術も安定した需要があり、アンチエイジングが目的で美容整形外科を訪れる女性も増えています。アンチエイジングのための施術は、エステサロンなどでも行われていますが、フェイスリフトやヒアルロン酸注入などの医療行為とみなされる施術は、美容整形外科でしか受けることができません。

二重術と豊胸術の種類

一重まぶたの人が、二重まぶたになるためには、切開法あるいは埋没法などの外科手術が有効です。切開法は、メスで上まぶたの皮膚や脂肪を切って、二重まぶたにする方法です。埋没法は、上まぶたに数か所糸を通して縫い合わせることにより二重まぶたにするので、メスを入れる必要がありません。また、目元をぱっちりとさせたい人のために、目の周りの脂肪を取り去る脂肪除去法とよばれる手術も人気です。
美容整形外科で行われる豊胸術には、シリコンゲルや生理的食塩水などが詰まったバッグをバストに挿入する挿入法、ヒアルロン酸や脂肪などをバストに注入する注入法などの種類があります。どの方法を選択するかによって、仕上がりが違うため、理想のイメージを医師に伝えることが大切になります。

美容外科とは、美容目的の外科手術を受けられる外科のことです。目や鼻の形を変える、豊胸する、脂肪吸引するなどさまざまな悩みに対応しています。

© Copyright Plastic Surgery Today. All Rights Reserved.